SSブログ
前の10件 | -

[日記](読書) 数字を一つ思い浮かべろ(ジョン・ヴァードン) [日記]


米国ミステリー、ジョン・ヴァードンの「数字を一つ思い浮かべろ」を読んだので
感想と記録。

米国ミステリーといえば、「嗤う猿」シリーズがピカイチに面白かった。
他のミステリーというか、ネイチャー・ライティングというか、クライムものでは
ドン・ウィンズロウの「犬の力」のシリーズがピカイチ。

この「数字を・・・」は、この作家の2010年発表のものらしく
シリーズものとして6作発表されているらしい。

ニューヨーク州の元エリート警察官・ガー二―が
たいして親しくもなかった大学時代の友人で、有名な啓蒙活動化であるマークから
脅迫状(2通)について相談をうけるところから、物語が始まる。
その脅迫状では、タイトル通り、「数字を思い浮かべろ」的な内容で
その数字をもう一つの脅迫状に、その数字を言い当てられていた、というもの。
明らかにトリックがありそうなのだが、脅迫状の内容が個人攻撃であり
その経緯から、知人でもある元警察官・ガー二―に捜査の相談につながる。

ただし、その捜査(あくまで友人としての)の道半ばで
マークが殺されてしまう。その殺され方も猟奇的、儀式的で謎が深まる。

流石にこの時点で地元警察(ニューヨーク州の丘陵地帯の田舎)と共同で
捜査にあたるが、次々と同様の手口で、但し、地理的にも、被害者にも
関係性を見いだせない、殺人が続いていく。
しまいには、ガーニーを直接名指しされた殺人予告まで届くようになり、
クライマックスにつながっていく。

物語の途中までは、「数字のトリック」や「殺人のトリック」が中心で
中盤からはガーニーの妻の存在や、息子の存在、ガーニー自身のトラウマ、
終盤はその謎が徐々に解明し、犯人が明かされていくので
割とよくある王道ミステリーの様な気がする。

ただ、犯人含めて、物語の構成も、なんだか王道すぎて
面白いけど、「凄い」ということにはならないかな。

でも2010年のものなので、そのあたりは仕方ないかもしれない。

もっと、この作家の作品が読みたい。
この作品では、ガーニーの妻・マデリンが怪しすぎるほどの切れ者だったし。
何かありますよね、この奥さん。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

[日記](読書) 猟犬(ヨルン・リーエル・ホルスト) [日記]

アメリカのネイチャー・ライティングを離れ、北欧ミステリーに戻る、、と
いっても、スウェーデンやデンマークではなくノルウェー発。

作家はオスロの南、"ラルヴィク"出身の元警察官、ヨルン・リーエル・ホルスト。
ノルウェー作品ということでは、「オスロ警察殺人捜査課特別班」が有名だし
ぶっちゃけそれしか知らないような。

本作はこのシリーズの第8作目にあたるようで、「ガラスの賞」など
数々の賞を受賞しているとのこと。

邦題は「猟犬」で原題も同じ意味の「JAKTHNDENE」。
冒頭、タイトルをにおわせる「犬(スハペンドゥス犬)」がでてくるが、
猟犬とは「捜査官」のことを意味しているようで、物語には直接絡まない。

ラルヴィク警察の警部(50代)、ヴィスティングは自ら捜査責任者を担った
17年前の拉致事件の捜査における証拠偽造の罪を告発され、停職処分に。
ヴィスティングの一人娘(30歳くらい?)は大手新聞に勤める報道記者で
その告発の影響で、異なる殺人事件を追うことになる。

ミステリー小説らしく、この17年前の拉致事件、そして証拠偽造、
新たな殺人事件、そしてもう一つ発生する少女失踪事件の真相が
見事に「一つの線」になっていく。

この作品が面白いのは、このヴィスティングは既に50歳になっており
物語において終始、淡々と捜査を進め、17年前に見過ごした、或いは
考えが及ばなかった事柄を詰めていくこと。

その代わり、報道記者の娘のほうは、積極的に動き回り
新たに発生した殺人事件を追っかけていく。

この対比は面白いし、最終的には勧善懲悪となっているところもよい。
爽やかなミスディレクションというか、いい人であってほしいひとは
「いいひと」だったし、その逆はその逆。

少しだけ残念なのは、この作品は既に第8作目で、
ヴィスティングのプライベートが良くわからないということ。
既に奥さんとは死別しているハズだし、同性している女性や
報道記者の娘さんなどのことが良くわからないし、もっと知りたい。

このシリーズは久しぶりに好きな作品ですねぇ。特にヴィスティングが。

アメリカミステリー、ハリー・ボッシュやV・Iとは全然違うし
北欧ミステリのヨーナ・リンナ、マルティン・ベックとも違う
いいキャラです。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

[日記](読書) 父を撃った12の銃弾(ハンナ・ティンティ) [日記]


続いて米国作家ハンナ・ティンティのエドガー賞最終候補作、
「父を撃った12の銃弾」を読んだので感想と記録。

小説を読み終え、あとがきを読んだところで腑に落ちたというか、理解したのは
「ザリガニが鳴くところ」(デイーリア・オーエンズ)に、どことなく似ている?と
思っていたら、アメリカには「ネイチャー・ライティング」という
アメリカの自然を題材にしたノンフィクションのジャンルがあるということで、
本作品もそれにあたるとのこと。なるほど。

ということで、こちらはマサチューセッツ州のグロスター周辺をベースに
西海岸、内陸、南部など様々な「自然」が要所要所で出てくる。

主な登場人物は以下の通りで、タイトル通り娘・ルーと、父・ホーリーの物語。

父・ホーリー
娘・ルー
母・リリー
祖母・メイベル(リリーの母親)
父の友人(仕事仲間)・ジョーブ

ルーの母親は既に死んでおり、10代になったばかりの娘・ルーと
父・ホーリーはリリーの故郷(グロスター付近)に、祖母を頼りに移り住むが
祖母をはじめ、町の住民からは受け入れてもらえない。

徐々に町の住民からもそれなりに受け入れられ、
ルーも恋をしたりしながら、父との生活を続けていく、という物語と

父親の半生=銃弾をベースに母親リリーとの「出会い」と「死」についての
物語(銃弾#1、銃弾#2・・・・#12)という感じで語られていく。

アメリカのノンフィクション(ミステリー)を読んでの感想は
登場人物に感情移入できないと、まったく面白くないということ。
アメリカ文化も独特だし、人種差別、宗教観など、ピンとこないことも多いし
不愉快に感じることもある。

今回の作品もミステリーというよりも、文芸作品だと思うので
ホーリーや、ルー、リリーに感情移入できるかどうかで
面白さや評価が変わってくるんだと思う。

クライムサスペンスとか、傑作ミステリーとか、感動の長編とか
輝かしい賛辞が沢山かいているけど、どれにもぴったり来ない。

だって、ルーもホーリーもただのチンピラ親子だし、
その仕事仲間も同じくだし、最終的に自分たちのトチった仕事の後始末で
命を失われるみたいな・・・。冷静に考えて「感動作品」ではない。

クライムサスペンス(ミステリー)的な要素は、
つまり、父親とその仕事仲間の「取り立て」だけだし、
取り立て(古い装飾品の運び屋)での銃撃だったり、乱闘が主なので
ミステリーではない。

強いて言えば、「リリー(母親)の死」の原因だろうか。
でも、それ自体も作品全体を占めるわけでもないので。。。。

ただホーリー、ルー、ジョーブ、リリー、メイベルも皆基本的にいい人。
どうしようもなく。

一番面白かったのは、ルーの幼少のころのハロウィンの仮装が
「電動歯ブラシ」(とホーリーがその歯磨き粉の仮装)だったこと。

映画化したら化けそうな作品ですね。
エル・ファニングがルーを演じるみたいな。

面白くないわけでもないし、先が気になるし、
個人的には「ザリガニ・・」よりも好きかなぁ、くらいの作品か。。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

[日記](読書) 煙に消えた男(刑事マルティン・ベック) [日記]


続いて、マイ・シューヴァル、ペール・ヴァ―ルー共作の人気シリーズ、
刑事マルティン・ベックシリーズの第2作目「煙に消えた男」を読んだので
感想と記録。

第1作目「ロセアンナ」の記憶は既に霞んでいますが・・・・
第2作目の本書は、刑事マルティン・ベックが休暇初日に事件捜査、しかも
政府高官(の側近)から直々の指名で、ブダペストで失踪したジャーナリストを
捜索して欲しいとの依頼を受ける。夏休み初日に家族旅行から強引に
仕事に戻された割に、渋々という感じではあったものの、ブダペストにいく
マルティン・ベック。

ジャーナリストの簡単な経歴以外、ほぼ情報が無い状態で
ジャーナリストの契約出版社からは週刊誌の次号には、失踪したことを
誌面に載せるという。政府高官はハンガリーとの関係悪化を懸念し、
秘密裏にこのジャーナリストを探してほしい、ということ。

このマルティンベックシリーズは、1965年くらいから始まったシリーズとの
ことらしいので、ハンガリー(東側)とスウェーデン(西側)の関係が
前提となっているのだろうと思う。

マルティン・ベックはブダペストで、数少ない情報を基に
捜査を開始するが情報は得られず、目撃証言も曖昧でジャーナリストの
現地での行動がはっきりしない。挙句、捜査で出会った男たちに
襲われてしまう。

込み入った捜査で「失踪の謎」が最後まで良くわからないのですが
マルティン・ベックが執拗に目撃者からの情報やジャーナリストの友人たちの
容姿や服装を細かく描写することで、読者にはなるほど
そもそもジャーナリストはブダペストにいなかったのね、or
この失踪したジャーナリストはブダペストに複数いたのか?とか
何となく「謎」が見えてくる。

そして証拠品のパスポートの「証拠隠滅」については
最後にマルティン・ベックの同僚から、補足説明がはいるので
事件の真相が理解できる「仕組み」になっている。

物語冒頭では、失踪したジャーナリストは東側のスパイ?それとも
2重スパイとか、妄想していたのだが、
実はただの酒癖の悪いジャーナリストが、その酒癖の悪さから
友人から殺されたという、なんともな結末。

マルティン・ベックご指名の捜査でしたがお疲れ様でしたが
夏休み初日に呼び戻され、妻から「最低」の烙印を押されるくらいなら
ご指名を拒否すればよかったのに・・・と同情してしまいます。

改めてご苦労様です、刑事マルティン・ベック
次の作品でお会いしましょう。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

[日記](読書) 血のペナルティ(カリン・スローター) [日記]


米国ミステリー作家、カリン・スローターのジョージア州捜査局、
ウィル・トレントシリーズの第5作目、「血のペナルティ」を読んだ記録と記録。

シリーズを読むのは2作目で、読み書き障害をもつ捜査官(主人公)のウィル、
恐妻(悪妻)?で幼馴染のアンジー、相棒のフェイスなどなど
何となく覚えている程度。

ちゃんと1作目から読んでいれば、アンジーとか、フェイスとか(もちろん、
ウイルにも)もう少し感情移入できるのかもしれない・・。

内容はフェイスが母親宅に娘を預けて、捜査局研修を終え帰宅すると
母は不明(拉致された模様)、侵入者(アジア系)が死体で見つかり、
さらに侵入者同士がもめているわ、娘は物置に閉じ込められているわで
いきなり事件が展開する。

ウィルと上司アマンダは独自で調査を進めるが元々ウィルは、フェイスの母親が
現役捜査官時代の犯罪組織との癒着疑惑を捜査した過去があり、
その結果、”彼女を除く”、彼女の部下(全員)を刑務所送りにしている。

そんなイワクのある「母親」の捜索を進めると
過去の「癒着」疑惑の「無罪(その後退職)」が果たして‥という感じなのだが

人種や組織、色々ふった挙句、落としどころがちょっと弱い気がする。
前作・サイレントもそんな感じだった記憶があって、どうなのかなぁ。

隠し子が成長して、元の母親とその姉を殺しに来るかなぁ?
つか、フェイスの兄の存在はどこにいった?とか、なんか風呂敷を広げた割に・・・

確かに面白いのだが、北欧ミステリーに比べるとちょっと釈然としないというか
弱い気がする。結果、捨てられた隠し子が「全部悪い」という感じもぬぐえず
なんか、可哀そうな気もする。

超厳重の刑務所に服役中の元部下が巧妙に殺されたり
警察を装い病院に侵入し、ウィルの恋人を殺そうとしたり
ヒスパニック系の犯罪組織の大物が、良くわからない嘘をついたり
その妹もなんか意味深だったり、色々、読者を振り回した挙句に

実は、大学生くらいの恨みを持った不良少年が
実の母親と異父兄弟(の姉)への復讐でした!・・・て、あれ??

うーん、やはり、シリーズをちゃんと読むと良いのだろうか・・・

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

[日記](読書) シュナの旅(宮崎駿) [日記]


全ページカラーの漫画なので、「読書」なのかどうか微妙ですが、
言わずと知れた日本が誇るアニメーター、宮崎駿の「シュナの旅」を読んだので
その感想と記録。

宮崎駿監督の1980年代の作品(漫画)でアニメージュ文庫から刊行されている。
正直、この作品をつい最近ネットで知るまで、まさに知らなかった。
内容は、村に住む、将来村の長となるべく少年(東の方に住み、未来か、過去なのか
不明な時代)が、やせた大地や苦難の生活に疑問をもち、ある旅人が持つ「種」と
出会う事で、「西」へヤックルと共に旅立つ。
途中、様々な文化の人々とであい、この少年自体も徐々にけがされていくが、
少女とその妹に出会い、旅立つ当初に持っていた情熱を取り戻し、ついに「種」を
見つけるが、その際に記憶や感情を失われてしまう。

少女たちは青年を待ち続け、少年を見つける。
そして、記憶や感情を失った少年と共に「種」をまき、その成長(稲穂っぽい)と
少年の回復を見守る。そしてその「種」と共に再び旅に出る、という話。

・どこかに住む王子候補の少年が旅立つ
・馬っぽい家畜ヤックル
・途中出会う人(坊さん?)など、世界観はどこか「もののけ姫」に似ているけど
全く違う作品で、宮崎駿監督らしいこの世界、社会に対する「疑問」を呈す。

萌えや、暴力、集英社的な作品が蔓延る現状では、こういう作品や
作家さんは出てこないのかな。。。

面白いか、といえば、微妙なんですけどね。
画力は凄いし、内容も問題提起だし、素晴らしいことには間違いないと思う。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

[日記](読書) 咆哮(アンドレアス・フェーア) [日記]


ドイツの作家、アンドレアス・フェーアの「咆哮(原題・プリンセス殺し)」を
読んだので感想と記録。

ドイツの作家といえば、「国語教師」を読んだような・・面白かったような・・。
あまりミステリーというイメージもないが、本書はドイツで大人気シリーズらしい。
日本でもネットをみると結構高い評価なので、やっと読めたという感じ。

舞台はドイツ南部、オーストリアとの国境ちかくミースバッハ群の湖。
そこでこのシリーズの準主役ともいえる巡査・クロイトナーが、
カーリングの試合の下見のため凍り付いた湖にいくと、湖に少女の死体を発見。
現場に到着したこのシリーズの主人公、主席警部・ヴァルナ―は湖沿いの森に
少女の殺害を示す墓標を発見。その後、死体に数字の「2」と稜線を示したバッジを
発見。その後、同様の少女の死体、ドイツ北部では少年の死体が発見され・・・

この作家は、この作品でデビューしたと言う事だが、非常に読みやすく
確かになんで、ヴァルナ―の家(屋根)に死体があったのだろう、とか
なぜ犯人はヴァルナ―が選ばられたの?とか、暴れん坊?のクロイトナーの
存在とか、結構、「?」が付くんだけど、特に大きな不満もなく、
北欧ミステリーのように、色々、登場人物が多くて、これからシリーズが進むと
今回、伏線のように紹介されたメンバーの過去も重要になるんだろうな、と。

本作では、ヴァルナ―達が、目撃者や犯人からのメッセージを頼りに
犯人を追い詰めていく・・・というよりも犯人が
ヴァルナ―達を混乱させたり、導いたり、操っていく。

また小説では、別の時系列としてどこかの雪山でスキー事故のため
若い少女が命を落とす(同行していた父親が娘を救うことが出来なかった)

徐々に殺害された少年・少女の関係性、犯人の素顔がわかってきて
読者はなるほどね、という感じなる。

・・で、クロイトナー、ヴァルナ―が最終的に事件解決、めでたし。
・・・で、次の作品は・・と思っていたら、
なんと、このシリーズの邦訳はこれだけ・・・

しかもドイツでは、2009年に刊行されているのに。


うーん、待つしかないの?
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

[日記](読書) 網内人(陳浩基) [日記]


残虐ミステリーを一旦離れて、香港の作家、陳浩基氏の「網内人」を読んだので
その感想と記録。

陳浩基の作品は、「世界を売った男」「13・67」があるが、いずれも面白い。
短編集「ディオゲネス変奏曲」も面白いので、ハズレ無し作家と思う。
読みやすいけど、少し、ひねって合って「やられた」と思うエンタメ作品。

「網内人」は、"MOUNAININ"と呼ぶらしく、ネットを連想されるが、
現実の人間関係、という意味もあるみたい(と言う事が裏表紙に説明されてあった)

今までの作品は、時間軸はバラバラだけど刑事ものというか、硬派な感じがする
作品でしたが今回は、凄腕ハッカー(探偵)の物語で、現代。

登場人物、ストーリーは、香港で生活する姉妹(父も母も死亡し、姉が働き10代の
妹を養う)が、妹の自殺によって、前述の凄腕ハッカー(アニエ)に、
なけなしの全財産をかけて妹の「死因」調査依頼をする。

正直、最後の最後まで、陳浩基らしくなく「普通」のエンタメ作品だなぁ、と思ってた。
ネットやスマホ、監視カメラ、ドローン、最新の機器やテクノロジーを利用して
自殺に追いやった犯人調査を行うアニエ。姉・アイへの技術説明も今時の人なら
ある程度しっていることだし、少々うざったいし、なんとなくどこかで見聞きしたような
ストーリーで、読みやすいのいいことだけど、それでも今までの硬派で、
読者をだますような感覚は無かった・・・のだが。

それでも巧妙に全く違うベンチャー企業の話やら
ネット(掲示板)の会話などなど、それとなく意味深な章や表記はあるにはある。

・・で、最後にとんでもなく騙された。
こんなに騙されたのは、歌野晶午氏の「葉桜・・・」以来。お見事。

どこで自分が騙されていたのか、よくよく考えてみると、結構最初から。
それが分かった時点で、改めてこの作品の面白さ、凄さが分かったし、
ネットでの高評価、人気の具合に納得した。そして大満足。

素晴らしい。シリーズ化も予定されているようで、アイとアニエの物語が
更に読めると思うとちょっと幸せ。

アジアの作家さん、勢いありますね。同じアジアの日本からも新星が出てほしい。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

[日記](読書) プリティ・ガールズ(カリン・スローター) [日記]


続いて、米国の人気ミステリ作家・カリン・スローターのノンシリーズもの、
「プリティ・ガールズ(原題も同じ)」を読んだのでその感想と記録。

カリン・スローターという作家さんを知らないと、ちょっと違うジャンルの
小説と思いがちだけど、ミステリー。

最近読んだ作品(サイレント)が、ちょっと盛り盛りな感じというか、
とってつけた感があったので、避けていたのですが
嫌悪する理由もないし、特に嫌悪するほど避けているわけでもないので
ノンシリーズものということで、再チャレンジ。

感想としては、流石人気作家。面白いですね。
特に物語の進め方が光明。

①父親が(行方不明となった)娘に問いかけるよくわからない手記(日記)
②釈放された(保護観察)女性とその夫が再開したところで、旦那が殺される
③別の中年女性(太り気味、依存症)が、ママ友にウンザリしながら娘と生活中

①、②、③の関連が分からないまま、話が進んでいきながら、間もなく

②で殺された旦那(ポール)のことを、③の中年女性(リディア)がなぜか関連
更に同時期に起きていた少女の失踪事件も、③のリディアがやたら気にしている。

などなど、よくある手法といえばそうなんだけど、
②、③は絡みながら、①では、父親が娘を何とか探そうとする愛情が永遠つづられる。

原題のミステリーなので、北欧ミステリー同様、猟奇的な殺人が中心だが
①がある分、どこか、愛情にあふれている不思議な作品になっている。

ただ、少し難を言えば、
功名に猟奇的殺人を完遂していた犯人(ポールなわけだが)と関係者の関係が
若干薄いように感じられ、このあたりのエピソードなんかを散りばめたらなんて
思ったし、①の父親の日記の回想をもう少し手厚くしていたら
もっと、殺された少女に感情移入できたかも、と思ったりもした。

でも、流石人気作家です、一気読み。

シリーズものは今も続いているので、また読みたくなる作家さんをみつけて
よかった、よかった。








nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

[日記](読書) ブルーバード、ブルーバード(アッティカ・ロック) [日記]


米国ロサンゼルス在住の作家であり、脚本家の小説、
「ブルーバード、ブルーバード」を読んだのでその感想と記録。

タイトルは、アメリカのブルースシンガー、ジョン・リー・フッカーの
「Blue Bird」の歌詞から引用したとのこと(@本書解説)
動画サイトで見つけ聞いてみましたが、シブい歌ですね。

小説のストーリーは、テキサス州ヒューストン近郊の殺人事件から始まり、
北東部のシェルビー群の田舎町の2つの殺人事件へと話の中心が移っていく。

主人公・ダレンはヒューストンで「テキサスレンジャー」として働く黒人レンジャー。
比較的裕福な家計で育つも父を亡くし、母はアルコール中毒で関係が悪く
叔父家族に育てられ、本来ならば弁護士となるところを、
とある事件(ジャスパーでおこったヘイトクライム)により、レンジャーを志す。

ヒューストンで起こった殺人事件は、家族で農場管理人・マック(黒人)が
白人殺害の罪に問われ、ダレンが証人として法廷に立つが、
マックをかばった言動が問われ、レンジャー停職となる。
その停職中、友人の依頼によりシェルビー群で起こった殺人事件を調査するのだが。

・・で、テキサス州、そして黒人(アフリカ系アメリカ人)の殺人、
それに絡む白人(団体)。ジャスパーのヘイトクライム。

つまりこの小説は、昨今もアメリカで起こっている差別を扱っている。
この小説で語られていることは勿論フィクションであるが
この小説は、英国、米国の賞を受賞していることから、一定の「真実」も
語られているのだろう。

基本的にモンゴロイド中心の島国に育った私には到底分からない感情や社会。
個人的には、真実を語りつつも、最終的に「愛なんだ」というところに
落ち着かせようとしているところや、最後の結局、「それなんかい!」的な
喧嘩両成敗的な、簡潔はモヤモヤしか残らないのだが、

それがこの問題の、今のアメリカの限界(別に悪く言うつもりもない)なんだろう
と思う。それぐらい、シビアで、根が深く、我々のような第3者が
気軽に触れてよい問題ではないのだろう、と思う。

直近で、2つの米国作品、それも「差別」を中心にした小説を偶然読んだ。
この問題は「アメリカ特有」という意識もどこかにあるが、
日本でも同じような問題は潜んでいるし、実際目を向けてないだけだと思う。

こういう作品が、生まれ、そして評価されているアメリカは
ポジティブにとらえれば素晴らしいことなんだともいえる。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -